1991年4月25日〜27日

国際生命尊重連盟(国連承認NGO)の第2回国際生命尊重会議が上智大学で開催される。31カ国のプロライフの代表が50人以上集う。この会議で「胎児人権宣言」が宣言される。また、菊田晃医師(小さないのちを守る会会員)がマザーテレサに継ぐ世界生命賞を受賞。